April 14th, 2020

TapjoyがマルチリワードタイプのCost-Per-Engagement(CPE)広告、Multi-Reward CPEの提供を開始

Multi-Reward Web 534×320

Share

業界初の取り組みであるMulti-Reward CPEは、モバイルアプリの広告を通してアプリのより深いファネルまでユーザーを誘導しながら、ユーザーエクスピリエンスを向上させることができる広告タイプです。

 

モバイル広告とアプリの広告マネタイズをリードするTapjoy Inc. (https://www.tapjoy.com/ja/)は、業界初のMulti-Reward CPEの提供を開始しました。Multi-Reward CPEは1つのCPEオファーでユーザーに複数のリワードを付与するもので、ユーザーにとってはこれまでより良い広告体験を提供することができるようになり、広告主にとってはゲーム内の深いファネルまでユーザーを誘導することができる画期的な方法です。また、広告でマネタイズを行なっているパブリッシャーにとっては平均RPU(Revenue Per User)を引き上げる利点があることも実証されています。

 

『Tapjoyはこれまで常にバリューエクスチェンジモデルを支持してきました。今回のモデルはユーザーエクスピリエンスの点でとても効果的で、Multi-Reward CPEでは、これまでのCPEと比較し圧倒的にユーザー満足度の向上が実現されました。また、ユーザーのエンゲージメントが多くなることからアプリパブリッシャーの収益性もとても高くなります。ユーザーのエンゲージメントが高いことにより、プレイヤー、広告主、アプリパブリッシャーなど、エコシステム全体に良い影響を与えています。』とTapjoyのEVP GLobal Ad SalesのSarah Chaferは述べています。

 

TapjoyのこれまでのCPEでは、広告を介して新規にアプリをダウンロードしたユーザーが、広告主が予め指定したユーザーレベル(イベント)などに到達することで、利用していたアプリのリワードをユーザーに付与するものです。一方で、アプリマーケターは、ユーザーをより深いイベントまで到達させることを好みます。なぜならば、ユーザーが深いイベントに到達することでアプリに対しての理解が進み、離脱率が低くなるためです。

 

Multi-Reward CPEでは、ゲームを遊び進めていく中でユーザーにリワードを与えることで離脱率を減らすことを目的としています。一方で、もともとプレイしていたアプリのゲーム内仮想通貨をもらい、使うことができるため、元のアプリのリテンションも向上しています。全体的に、このエクスピリエンスはユーザーに自分のペースでリワードを獲得するオプションを提供し、自分がどのステップに到達しているかの進捗状況も広告上で確認できるようになっています。

[pullquote quote_id=”18660″ show_image=”true”]

 

こちらから記事全体をご確認頂けます。 https://www.tapjoy.com/ja/casestudy/huuuge-games/ 

広告マネタイズを行っているパブリッシャーのアプリでは、従来のCPE比でRPUに70%の増加が見られました。

Multi-Reward CPEのリリースに合わせて、ユーザー自身が、CPEの進捗状況が確認できるプログレスバー機能も追加されました。途中のイベントまでしかクリアしてない場合はリマインダーとしても機能し、中断したところから簡単に再開できるようになります。これらの機能の追加により、ユーザー問合せが80%減少し、ユーザーエクスペリエンスが大きく向上したことも分かりました。

現在、Multi-Reward CPEの広告出稿・測定は、 Adjust、AppsFlyer、Kochava、Singularに対応しており、順次パートナーを追加中です。

『このTapjoyのリリースについて嬉しく思います。TapjoyのMulti-Reward CPEは、ユーザーのアプリへのエンゲージメントに対して、シームレスにユーザーに報酬を与える素晴らしい方法です。 Tapjoyのこの取組に参画し、すべてのイベントが正しくアトリビュートされるように、公平なトラッキングを提供できることを誇りに思います。』とAppsFlyerのSenior Director of Partner DevelopmentであるBen Roodmanは述べています。

Multi-Reward CPEは、Tapjoyのカスタマーサポートチームによってフルサポートされています。ユーザーは、Multi-Reward CPE広告の全てのイベントに対して、ユーザーサポートの問い合わせが可能です。

What a Multi-Reward User Flow looks like

Tapjoyについて: Tapjoyはモバイル広告と広告マネタイズサービスの提供において、業界をリードする企業です。広告主は、Tapjoyのバリューエクスチェンジ広告プラットフォームを介して、9.72億の月間アクティブユーザーへのリーチが可能で、認知やエンゲージメントの向上、広告主が求めるその他の目標を実現できます。一方、ココネ社、ポノス社、Scopely社、Crowdstar社やTopps社などのセールスランキング上位200社のアプリパブリッシャーの多くは、Tapjoyを活用し、広告マネタイズし、ユーザーを増やし、ユーザーにリワードを還元しています。2007年に設立され、サンフランシスコに本社を置くTapjoyは、世界中に10拠点以上のオフィスを持つグローバルカンパニーです。

RECENT ARTICLES
Hidenobu Yamamoto MC – Japanese

Mobile Champions – 山本秀信, U-NEXT

AppsFlyer Performance Index XII

TapjoyがAppsFlyerパフォーマンスインデックス第12版に6年連続でランクインし、日本と韓国で特に優れた結果を達成

2020年第4四半期にオファーウォール広告で最高益を達成したTapjoyが、新ツール「Country Multipliers」をリリース