Monetization Best Practices: 動画リワード広告を活用したより収益をあげる4つの方法

Tapjoyは Modern Mobile Gamerのレポートにおいて、ゲームプレイヤーは強制的に視聴させられるプレロール型の広告よりもOpt-in形式であるリワード広告を圧倒的に好んでいると発表しました。

事実、彼らは強制的に見せられる広告フォーマットに比べてほぼ4倍以上リワード広告を好んでいる、ということが調査で明らかになりました。

その調査では、リワード広告の中で動画広告が最も好まれている広告フォーマットであり、プレイアブル広告・アプリのインストール型広告・サーベイなどの他の広告フォーマットと比べて、少なくとも約6倍以上好まれていることが分かりました。

またゲームプレイヤーは継続的に動画広告にエンゲージすることを望んでおり、リワード獲得のためにプレイヤーの半分以上が1日4回以上の動画視聴、3割以上のプレイヤーは1日6回以上の動画視聴を望んでいます。

ではパブリッシャーはどのように、この高いエンゲージと高い収益性のある広告フォーマットを最大限に活用できるのでしょうか?以下、アプリディベロッパーが、アプリエンゲージメントと収益を最大化をするために心に留めておく4つのベストプラクティスになります。

1. 動画リワード広告をよりみつけやすく

ユーザに動画広告を探させてはいけません。アプリのホームスクリーンやアプリ内課金ページの前にTapjoyのNative-to-Earn機能を使ってボタンを入れ込み、Message-to-EarnとPush-to-Earn機能でアプリ内メッセージを使って動画リワードを促進しましょう。

2. コンテキストの活用

チャレンジ失敗やよりエナジーが必要なタイミングが最適なタイミングです。このタイミングで動画広告視聴の機会与えてリワードを付与できるようにしましょう。コンテキストに沿ったタイミングで広告表示をしてあげることでユーザーを捕まえられます。

3. エクスチェンジレートを微調整

動画視聴に対してあまりにも微弱なリワードを与えてしまうとユーザーは時間を無駄にしたと感じてしまいます。また多すぎるリワードもゲーム内エコノミーを壊してしまうきっかけになります。複数のエクスチェンジレートを試し、一番ゲームアプリに合う設定を見つけましょう。

4.カレンシーセールの実施

普段より1度の動画視聴で多くリワードを与える、カレンシーセールを期間限定で実施しましょう。このカレンシーセールは収益に大きく伸ばしてくれます。Tapjoyでは、簡単にアプリ毎にエクスチェンジレートを変更でき、アプリ毎にカレンシーセールを行うことができます。

ただ収益化するのではなく収益の最大化をしましょう!Tapjoyの Interplay Videoを使って、どのようにあなたのアプリの収益を最大化できるのか?

詳しく知りたい方はこちらからご連絡ください。

Tapjoyで働いてみませんか?

Tapjoyを選ぶ理由