iOS14とSKAdNetworkリリースに向けての準備

*iOS14に関して今後情報が更新される可能性があるため、最新の情報を常にご確認ください。


iOS14がリリースされることによって、Limited Ad Trackingがデフォルト設定になります。これにより、”設計段階からのプライバシーの考慮(プライバシー・バイ・デザイン)”も新たな標準となります。アプリのパブリッシャー、ブランド、MMP、アドネットワークはユーザーターゲティングと計測に関する新たなアプローチについて連携していく必要があるでしょう。

プライバシーを保護することを第一に考えることは持続的でポジティブな影響を与えるでしょう。現在のこうした取り組みは、これから企業とユーザー間のより公平な関係性を築いていくための土台となるでしょう。この動きは、Tapjoyのコアなミッションであるユーザー優先であること、および可能な限り最高のUXを提供することと一致していると考えています。

とはいえ、今回の件にはモバイルマーケットの大きな変化で、業界全体に影響を与えます。各アドネットワークはそれぞれ異なる方法でこの問題に取り組んでいるため、それぞれ違った影響を受けるでしょう。こうした中、Tapjoyは積極的な対応を取っています。すでにTapjoyはSDAdNetworkのパートナーとして認定されており、また既存のLATのターゲティングについても拡張しています。移行における調整期間は避けれられませんが、広告主とアプリパブリッシャーの両方がTapjoyのアドネットワークを通して引き続き成長し、収益を最大化できるようになると確信しています。

以下にiOS14リリースに向け何を行えばよいのか、詳細をご確認ください。

Jump to a section…

TapjoyがiOS14に対応したSDKをリリースするのはいつごろになりますか?

TapjoyはSKAdNetworkをサポートしますか ?

iOS14はeCPMやマネタイズにどのような影響を与えますか?

iOS14は広告出稿時のターゲティングにどのような影響を与えますか?

TapjoyはMMP(Mobile Measurement Partners)による計測を引き続きサポートしますか?

Tapjoyはフィンガープリント計測を今後もサポートしますか?

SKAdNetworkのCampaign IDはTapjoyのユーザー獲得キャンペーンに対応していますか?

 

TapjoyがiOS14に対応したSDKをリリースするのはいつごろになりますか?

Apple社のプライバシー関連のアップデートが延期になったことを受け、iOS14に対応したSDKは9月中旬にリリースする予定です。詳細についてはこちらをご確認ください。

 

TapjoyはSKAdNetworkをサポートしますか?

すでにTapjoyはSKAdNetworkにアドネットワークパートナーとして登録済みで、iOS14に対応したSDKでSKAdNetworkにフル対応するようになっています。

 

iOS14はeCPMやマネタイズにどのような影響を与えますか?

TapjoyのiOSのオファーウォールでは、案件のほぼすべてがCPAで、ターゲティングや計測にIDFAを使用しないことから、eCPMとマネタイズ収益への影響はほぼないと想定しています。

一方動画については、iOS 14でのIDFAの利用可能性や各広告主のbidに対する方針に不確実な点が多いため、動画のeCPMに与える影響について予測するのは非常に困難です。とはいえ、Tapjoyでは既にLATがONのデバイスに対してはコンテキスト(文脈)パラメーターを重視したbidを行う有効なアルゴリズムを適用しています。

 

iOS14がユーザー獲得キャンペーンのターゲティング機能にどのような影響を与えますか?

iOS14リリース後はLATのデバイス比率が増えると予測されます。IDFAの取得が許可されているデバイスが限られてしまうため、案件の出し分け、ターゲティング機能の利用が制限されてしまいます。こうした案件では、IDFAの取得の許可率によって制限され、規模が絞られるようになるでしょう。ただし、デバイスタイプや位置情報などのコンテキストシグナル、加えてファーストパーティーのデータについては引き続き利用することが可能です。

 

TapjoyはMMP(Mobile Measurement Partners)による計測を引き続きサポートしますか?

既存のサードパーティーの計測ツールを引き続きサポートしていきます。ただし、フィンガープリントが有効になっていない場合や、広告主のアプリでデバイスがIDFAの取得を許可していない場合は、SKAdNetworkにクリックを通知します。

短期的に、業界の基準が変化していくと思われるため、Tapjoyとしても流れに機敏に反応し、パートナーのみなさまの利益が最大化できるようにポリシーを調整していきます。

 

Tapjoyはフィンガープリント計測を今後もサポートしますか?

ユーザーターゲティングの目的でフィンガープリントをTapjoy内部で使用することはありません。MMPを介したフィンガープリントの今後については現段階では不明ですが、IDFAが利用できない場合は広告主がフィンガープリントによるアトリビューションを利用することを認める予定です。以下の図は、クリックパスの詳細です。

今後についても可能な限りMMMPのアトリビューションデータに基づいて計測を行います。MMPがSkAdNetworkでどのように動作するかについて詳しく確認したい場合は、Singularのブログ記事を参照してください。

 

SKAdNetwrokのCampaign IDはTapjoyの広告キャンペーンと互換性がありますか?

SKAdNetworkのCampaign IDは1〜100の整数である必要があります。つまり広告主は1つのアドネットワークで同時に最大100通りでしかターゲティングできません。この上限はAppleが基本的にアプリごと、アドネットワークごとにターゲティングの粒度を100パラメーターに制限しているということになります。例えば以下のようなパターンです;

  • 最大100個の異なるターゲティングパラメーターを作成することができます。
  • bidが異なる100カ国をターゲティングすることができます。
  • 25カ国をターゲティングして、各国の4つの異なる動画クリエイティブで配信することができます。(25カ国 x 4クリエイティブ=100)
  • 3つの異なるbidと3つの異なるクリエイティブで10カ国をターゲティングすることができます。(10カ国 x 3クリエイティブ x 3種類のbid=90)

広告主がこのガイドラインの制限内で最大レベルの粒度で配信できるように協力させていただきます。担当のアカウントマネージャーまでご連絡ください。

iOS14とIDFAについて現在各社が連携して、状況が常に変わっていっています。特にMMPとアトリビューションについてのポリシーについては追加の情報が分かり次第パートナーのみなさまにお知らせさせて頂きます。それまでの間にiOS14に関する質問などがある場合はTapjoyのアカウントマネージャーもしくはこちらからご連絡ください。

Tapjoyで働いてみませんか?

Tapjoyを選ぶ理由