知りたいのにちょっと聞きにくい動画リワード広告の全てについてお教えします

TapjoyはパートナーであるAdjustと先日”動画リワード広告: どうやってモバイルゲーマーにエンゲージするか”というタイトルでWebセミナーを開きました。Adjustのブログでフルコンテンツをチェックしてください!

ティーンエージャーだけでなく、みんながゲームで遊んでいます。70%以上のモバイルユーザーはモバイルでゲームをプレイしており、そのうち3/4は25-54歳です。ゲームは全ての年齢層が多くの時間を消費しているモバイル上ではNo.1のコンテンツです。平均1日55分をゲームに費やしており、メディアやSNSよりはるかに上回っています。このデモグラフィックは幅広く、多彩なグループになりますが、共通点が一つあります。それは、ユーザーはノンリワード広告よりもリワード広告を4倍好んでいることです。

TapjoyのアドプロダクトのシニアディレクターであるPratik ShahはAdjustのシニアプロダクトスペシャリストのJoli Barettaと、なぜ80%近い米国のユーザーが動画リワード広告を好む理由と、利益を最大化するためにリワードを付与した広告キャンペーンをAdjustのような計測パートナーと提携する方法についてディスカッションを行いました。Webセミナーはこちら(英語)からご覧頂けますが、以下にこのディスカッションの要約をご紹介します。広告主、アプリパブリッシャー、ユーザーにとっての動画リワード広告のメリットと、近い未来動画リワード広告がモバイルにおけるエコシステムの爆発的な成長を遂げる理由についてが主なトピックスです。

フリーミアムの全て

モバイルゲームの開発者はアプリマネタイズの最前線にあるため、モバイルゲームは将来のモバイルの成長の大部分を占めています。他のカテゴリのアプリが遅れをとっている一方でモバイルゲーム開発者はイノベーションを実行可能なビジネスへ変化させ、彼らはオファーウォール(ユーザーにバリエーションに富んだ広告をエンドユーザーに表示可能なアプリ内の広告ユニット)とフリーミアムモデルなどを仕上げることに忙しくしています。

Pratikの説明しているように、フリーミアムとは、先にコンテンツ料を支払うことなくユーザーがコンテンツを楽しむことができるモデルのことです。これによりユーザーはゲームを理解し楽しむことができ、そのアプリを本当に欲しい場合にアップグレードしたりアプリ内課金をします。動画リワード広告はフリーミアムモデルにとってなくてはならないものです。ユーザーがゲームプレイ中にプレイ回数がなくなり手詰まりになった時に動画広告を観る代わりに、追加でプレイできたり、5つのジェムがもらえたりするチャンスが与えられます。これはユーザーにとっても嬉しいだけでなく、より価値の高いバリューエクスチェンジモデルで、広告主、アプリパブリッシャー、ユーザーの全員にとってメリットのある三方よしのモデルです。

動画リワード広告の利点

動画リワード広告の主な利点の1つは、基本的にユーザーが動画を見たあとのアクションにはリワードが与えられないということです。そのアクションがどのようなものであっても、オプトインモデルのため、ユーザー自身が自ら動画を視聴する事を選択し、動画広告に高くエンゲージします。動画リワード広告を利用する事で34%もユーザーセッションが増加し、30日裏テンションが3-5%も増加したことが示されています。リワード広告を視聴したユーザーはアプリ内課金をする可能性が4.5%高くなります。

動画リワード広告のハイライトの1つは広告主にとって質の高いユーザーを獲得することができる点です。”これは動画リワード広告における最も優れている点です。基本的なイノベーションは、ユーザーが動画にエンゲージすることでリワードが得られるという事実ですが、次のアクションにはリワードが付与されないため、質の高いユーザーを獲得できます。最も質の高いユーザーの獲得は動画リワードから獲得したユーザーです。”とPratikは説明しました。

広告主にとってこのモデルはユーザーが自らエンゲージすることを選択した、珍しく、ブランドセーフな環境で、高いビューアビリティと視聴完了率のモデルです。ほぼ全てである98%はボットなどではなく人によって確かに視聴されていると検証されています。平均的なクリックスルーレートは4%前後で、動画の視聴完了率は85%と驚くほどです。このモデルには、VRやARのテクノロジーがこのマーケットに参入する中で、最も優勢な広告モデルとして動画リワード広告は確立されており、いくものイノベーションが今後開発される予定です。例えばミニゲームやパーソナライズされた広告などの、広告を通してコンテンツにエンゲージさせるプレイアブル広告はTapjoyが革新を続けている2つのエリアです。

動画リワード広告キャンペーンをお使いの計測ツールで計測するには

リワード広告について知っておくべきことは既にご存知かもしれませんが、どのチャネルから獲得できたのか、計測して分析できなければ何の意味もありません。Adjustは、最も効果的なクリエイティブをすばやく特定し、効果のないクリエイティブを排除することのできる計測ツールパートナーです。Adjustはフルカスタムできるパラメーターの3つのサブレベルのデータを提供することでこれを行っています。例えば、動画広告の尺、コンテンツへの注目度、動画が縦か横かなど、配信中のキャンペーンタイプに基づき、分析に適したクリエイティブを設定することができます。

Adjustのようなモバイル計測ツールで最も価値のあるツールは、特定の期間内にインストールしたユーザーグループである”コホート”を計測し分析できることです。これらはとても細かいレベルでマーケティング戦略を評価でき、本当に効果的な方法です。Joliが説明しているように、同じパブリッシャーのアプリを同じ時間に、同じクリエイティブからインストールしたユーザーがいるため、”ユーザーの行動について比較することができます。例えば、パブリッシャーA経由ではCVRが高くインストールがされているが、パブリッシャーB経由ではCVRは低いもののアプリ内課金率は高くなることに気づくかもしれません。この場合、このネットワークでパブリッシャーBからのインストールのボリュームが増えるように戦略をたてることができます。次にオーディエンスビルダー内の広告IDやプッシュトークンでこれらのユーザーを抽出することができます。そこからまだ課金してないユーザーや課金したいと思っているユーザーに再度課金してもらうことができます。”

この方法はモバイルのエコシステムに関わる全員の成功法です。質の高いユーザーを獲得したいと思っている広告主にとって、実際に登録する質の高いユーザーです。楽しい体験と広告を求めているユーザーには価値のあるもので、アプリパブリッシャーにとってはこのユニークなモデルで成功させることができます。きちんとした計測とTapjoyとAdjustのような計測ツールの間で相互のフィードバックができるパートナー連携がなければ実現できないでしょう。

Tapjoyで働いてみませんか?

Tapjoyを選ぶ理由