アプリ内マーケティングとは?

あなたは既にアプリをリリースしているとします。

アプリは注目を集めダウンロードされ、相応の規模のアクティブユーザーさえ持っているとします。さて、次は何をすべきでしょうか?

今こそ、アプリ内でマーケティングキャンペーンをきちっと行うことで、ユーザーのエンゲージメントを最大限に活用し、収益増を図るべき時です。それが何をすることか分からなかったり、方針策定に助けが必要と感じる皆さんも、どうか心配しないでください – そのお手伝いをするために私たちがここにいます!まずは、アプリ内マーケティングの詳細と具体的なアプローチを考えるためのヒントについて以下をお読みください。

「アプリ内マーケティング」とは何でしょうか?

「アプリ内マーケティング」という用語は、モバイルアプリケーションの中で実施される、そのアプリのためのあらゆる種類のマーケティングキャンペーンを指します。具体的な方法論にはさまざまな種類がありますが、ここでは既にアプリインストール済みのユーザーと関係構築する方法について説明します。:これには、望まれる行動をユーザーに促し、収益増を図るようなアプリ内でのユーザーとのコミュニケーションに関する次のような手法も含まれます。

  • アプリ内のIAP(アプリ内課金)。仮想通貨やアイテムの販売促進
  • そのユーザーの友達がインストールをしてくれるように、SNSへ投稿してもらう
  • リワード広告の実装によるエンゲージメント向上
  • ロイヤルティプログラムやアプリ内イベントへの関心喚起
  • 最新アップデートを含む各種機能のユーザー告知​

適切なアプリ内マーケティング戦略はプラットフォームやアプリの種類によって異なりますが重要なのはユーザーが簡単にアクセスでき、情報を常に新鮮に保つことです。最新のマーケティングトレンドを常に把握することは困難ではありますが、その成果は努力に値します。

顧客とコミュニティのエンゲージメント向上

成功したアプリ内マーケティング戦略の多くは、従来のマーケティングキャンペーンから知恵を得ています。新しさはありませんが、マーケティング担当者は先ずオーディエンスを知る必要があります。ターゲットとなるユーザーの平均年齢、習慣、およびライフスタイルの傾向を把握することで、響くメッセージを届けることができます。 フォーブスの記事(英語)でも、このようなターゲットを絞ったマーケティングアプローチの有効性が述べられています。

更に、あなたのキャンペーンはトレンドに乗った、クリエイティブなものでなければなりません。これは、オペレーティングシステムの最新の機能を使い、仮にそれが頻繁に更新されるにしても、そのメリットを最大限に活用することを意味します。 フルスクリーンのインタースティシャルオファーウォール などの従来からのアプリ内広告手法も引き続き効果的ですが、クリエイティブなマーケティング担当者は商品を宣伝する新しい手法を常に試みています。AppleやGoogleのアプリストアで、ランキング上位にあったり、特集されているアプリでどのような手法が使われているか、絶えず市場の動向を観察することが重要です。

たとえば、 Nike +アプリで使われている洗練された共有ツールでは、ユーザーはSNS上で自分のフィットネスの達成状況を共有することができます。この機能によりそのコミュニティで暗黙の支持を得ることでアプリの認知度を高めるという利点が得られます。ソーシャルメディア上でアプリをどのように使用しているかを知らせる理由をユーザーに与えることで、アプリのインストール数が増えるという訳です。

ユーザーへ情報提供し続ける

優秀なモバイルマーケティング担当者は、新機能や利用可能なコンテンツについてユーザーが絶えず最新情報に得られるようにアプリ内マーケティングを活用します。 フルスクリーンインタースティシャル広告 を利用し、至近のアプリ更新で何が変更または追加されたのかをユーザーに知らせたり、より良いエクスペリエンスのためにアプリ内エコノミーとどのように関わり合うかを提案したします。例えば、 Spotify では非課金ユーザーに対して定期的に、広告を見ずに済むリスニング体験を含むサブスクリプションパッケージにアップグレードの選択肢を告知しています。このようなマーケティングコミュニケーションは、アップグレードなどのアクションに直ぐに移るための、目立つボタンやリンクを含むと非常に効果的です。

NikeやSpotifyに並んで、 Starbucks も、アプリ内マーケティングの分野におけるリーダーです。モバイルマーケティングチームは定期的にモバイルアプリのコンテンツを更新して、新しいドリンク、軽食、割引を紹介しています。すべてのプロモーションには、顧客がこれらの商品を注文するためのリンクが分かり易い形で含まれています。このような施策は、各個人のアプリ内行動に基づいてパーソナライズされている場合に最も効果的になります。ユーザーは、誕生日のメッセージや至近の検索に基づいた商品のレコメンドを好みます。

避けるべきアプリ内マーケティングの戦術

個々のアプリはそれぞれ独自のアプローチを必要としますが、モバイルマーケティング担当者が注意する必要がある行為がいくつかあります。最も重要なことは、キャンペーンが邪魔に見られたり、ユーザーが望む経験を妨げたりしてはいけないということです。ビデオ広告やインタースティシャル広告を省くことを難しくしてはいけませんし、画面上の広告領域は適切に設定する必要があります。何よりもユーザーエクスペリエンスを優先しつつも、コミュニケーションはユーザーの目に留まるよう十分明確であるべきです。マーケティング担当者は得てして独自のブランドボイスを作ろうとしますが、モバイルビジネスでは多くの場合、自然で会話的な語調が成功していることに留意すべきです。

アプリ内マーケティングの習得は容易ではありませんが、幸いなことに、あなたはそれを一人でやる必要はありません。アプリのマーケティングに関する多様な質問に対する回答、およびより効果的なキャンペーン計画の策定支援について、 弊社の営業チーム にお問い合わせください。

もっとモバイルアプリマーケティングの情報を知りたいですか?What is ARPDAU?(英語)他の関連記事も是非ご参照ください。

Recent Articles