Case Study

Special Gamez社、Tapjoyのビディングソリューションにより広告収入増と工数最小化を実現

パブリッシャー

Special Gamez

アプリ

パズにゃん

地域

グローバル

プロダクト

Tapjoy Optimized Bidding

背景

アジア太平洋地域の大手アプリパブリッシャーの一つで中国に拠点を置くSpecial Gamez社は、これまでにもモバイルの世界で成功を収めてきました。同社の主力商品、2017年に発売された「戦艦ファイナル(Battle Warship)」の登録ユーザーはこれまでに世界中で2000万人を超えています。

Contact Us

2020年、Special Gamez社は、かわいいマッチ3パズルゲーム「パズにゃん(Kitten Match)」をリリースし、すでに1000万を超えるユーザーを獲得しています。同社では、この新しいヒット作の広告収入を増加させたいと考え、Tapjoyと提携し広告戦略を見直すことにしました。

目的

•広告収益の増加

•広告オプティマイズ工数の最小化

戦略

Tapjoyと契約する前、Special Gamez社では従来のウォーターフォール型モデルを導入していました。このモデルは時間と手間がかかると同時に、常に望んだ結果が得られるとは限らないことが明らかになっています。収益目標を達成するため、Special Gamez社はデマンドソースとしてTapjoyを迎え、最適化されたビディングモデル(Tapjoy Optimized Bidding)を利用することにしました。

Special Gamez社は、両モデルのA/Bテストによるモニタリングにおいて、Tapjoyビディングソリューションがウォーターフォールモデルよりもはるかに優れていることに気付きました。テストとモニタリング段階を経て、同社は動画広告においてビディングモデルを採用し、すべてのプレースメントに導入しました。

結果

Tapjoyのビディングモデルに変更後、Special Gamez社のeCPMは向上、最適化の効率が大幅に改善しました。その後「パズにゃん(Kitten Match)」のARPDAUは33%増加しています。更にSpecial Gamez社はウォーターフォールを常に調整する必要がなくなり、広告オプティマイズにかける工数削減を実現、アプリのサポートに注力できるようになりました。

増加 ARPDAU

向上 eCPM

改善 ワークフロー効率

SPECIAL GAMEZ社のコメント

「Tapjoyの動画広告のビディングパフォーマンス、特にアメリカや日本などの主要地域でのeCPMパフォーマンスには非常に満足しています。それだけでなく、Tapjoyのビディングは、従来のウォーターフォール型に比べ、時間と労力を大幅に削減することが可能です」

Hua Mei氏海外パブリッシング部ゲーム事業部マネタイゼーション代表

今すぐTapjoyにお問い合せ

Tapjoyの最適化されたビディングモデル(Tapjoy Optimized BIdding)の導入により、貴社の広告収益をどのように最大化できるか、もっと詳しく知りたいですか? 今すぐTapjoyのモバイルマネタイゼーション・エキスパートまでお問い合せください。

Contact
MORE CASE STUDIES

TapjoyのマルチリワードCPE広告で継続率5倍に

Thumbnail

マルチリワードCPEでユーザー獲得数が 前月比3倍に増加 ふんどしパレード

Tapjoy_CaseStudy_Thumbnail

LOVELYWHOLESALEはTAPJOYのCPAキャンペーンで3万人の新規ユーザーを獲得