Case Study

CPA広告キャンペーンを通じて収益を25%、初回購入を30%向上させたLOOMA社の事例

広告主

Looma社

市場

米国、欧州・中東・アフリカ、オーストラリア

広告商品

CPA

背景

「手ごろな値段で、高級感と安心感に包まれた寝具を提供する」。Looma社創業者のDenver Rayburn氏とIshaan Jalan氏が定めた企業理念です。その後同社は農家と直接的な契約を結び、フェアトレードと環境に配慮した生産過程を通じて柔らかく快適なシーツを提供する事業者としての地位を確立しました。

Contact Us

Looma社は2019年6月の創業時からTapjoy社提供のサービスを活用しており、以後わずか11カ月間で急速な成長を遂げています。その背景には、Tapjoy提供のオファーウォール広告、CPAキャンペーン、ギャラリー形式の広告クリエイティブなどの活用がありました。

目的

•ブランド認知の向上

•売上増

•LTVの向上

戦略

Looma社は、同社のCPA広告キャンペーンを最適化する上で、まずはユーザー規模よりもその質を向上させることを優先することにしました。そのためには、Tapjoy社のプラットフォームが提供するデータについての理解を深めなければなりません。そこでTapjoy社のモバイルユーザー獲得担当者が分析作業を実施。Looma社は、広告の視聴数、クリック数、コンバージョン数といった各数値をまとめた日報を受け取るようになりました。

Looma社は、Tapjoy社の手厚いサポート体制を高く評価。提供データの扱い方を把握した上で、初回購入の促進方法といったより具合的な課題への取り組みに移りました。

結果

Tapjoy社提供のCPA広告キャンペーンと手厚いサポート体制により、Looma社は目覚ましい成果を出すことができました。とりわけブランド認知向上を図る上では、Tapjoy社が誇る広大なリーチが役立ちました。初回購入は30%増、収益は対前月比25%増を達成。その後Tapjoyのアドネットワークを主要なチャンネルとして活用し、ブランド認知、ユーザー獲得、LTVをそろって急速に拡大していきました。

30%増 初回購入

25%増 収益(対前月比)

10%増 リテンション率

Looma社のコメント

「創業者の立場としては、どうしても当社の事業に集中して取り組んでくれるパートナーを求めてしまいます。当社と取引のある広告代理店の中で、最も協力的な姿勢を示してくれたのがTapjoy社でした」

Denver Rayburn氏創業者

お問い合わせ

D2CブランドによるTapjoy社提供のCPA広告キャンペーン活用事例の詳細について知りたい方はぜひともお問い合わせください。

MORE CASE STUDIES

TapjoyのマルチリワードCPE広告で継続率5倍に

Thumbnail

マルチリワードCPEでユーザー獲得数が 前月比3倍に増加 ふんどしパレード

Tapjoy_CaseStudy_Thumbnail

Special Gamez社、Tapjoyのビディングソリューションにより広告収入増と工数最小化を実現